MENU

キャピキシルの成分と具体的な効能

育毛に効果のある医薬品としてはミノキシジルがよく知られています。

 

ミノキシジルは現在の製薬会社ファイザーが高血圧対策の経口薬として開発しましたが、
育毛にも効き目があったため塗り薬としても使用が開始されました。

 

そのミノキシジルを超える成分だと話題なのがキャピキシルです。

 

キャピキシルはカナダにある化粧品会社が開発した発毛成分なので、
医薬品ではありませんがミノキシジルの3倍も発毛に効くということです。

 

 

キャピキシルの成分はアカツメクサ花エキスと細胞修復機能のあるアセチルテトラペプチド3を合成しています。

 

医薬品ではないということで疑問を持つ人もいるかもしれませんが、
天然の成分なので医薬品につきものの血管収縮作用による低血圧、
性機能の低下やニキビなどの副作用がなく安心服用を続けることができます。

 

 

また、脱毛ホルモンを還元して阻害するというミノキシジルには見られない働きもすることが確認されているのです。

 

特にミノキシジルやフィナステリドなどの発毛医薬品は効果と引き換えに
深刻な副作用が発生するリスクがあると問題視されてきましたが、
キャピキシルはミノキシジルの効果を上回るうえに副作用が無いというのが素晴らしい点ですね。

 

 

 

このようにキャピキシルは育毛に対してこれまでにない成果をあげている成分なのです。

 

現在では多くの商品に配合されています。

 

 

キャピキシルの研究が進んでいる日本

 

 

日本では医薬品の開発がどうしてもアメリカなど西欧諸国よりも遅れをとっており、認可にも時間がかかることが有名です。

 

しかし一方では、ホルモンなどに副作用がない天然成分であれば研究開発にしばりはありません。

 

サプリメントの分野ではアメリカの製品に比べても安全性を慎重に検討しているのです。

 

そこでキャピキシルの研究は日本で大変に進んでおり、日本製の商品の質が高いことで世界に一歩先制しているのです。

 

 

キャピキシルではミノキシジルよりも成分の作用が幅広く、
痛んだ毛根を修復する機能と発毛効果を高めるという昨日があります。

 

 

また、日本製の商品ではあわせて成長因子やプラセンタなどを配合することにより、相乗でさらに効き目を高めを高めるよう研究されています。

 

使用者の実に9割以上が効果を実感しているという統計もあるほどです。

 

 

特に品質への信頼性もあり、製造現場の清潔度にも力をいれている日本製品は現在海外でも注目されています。

 

日本に住んでいることでキャピキシルの最新の研究成果の恩恵を受けることができるのは大変幸せなことですね。

 

 

キャピキシル配合オススメ育毛剤ランキングベスト3!

 

フィンジア

 

BOSTON

 

スカルプ5.0